ニュース

国立保健医療科学院の内閣官房男性職員37歳誰で転落死理由は?帰国者のクレーム対応が原因?

スポンサーリンク

国立保健医療科学院の内閣官房男性職員が飛び降り亡くなれたというショッキングなニュースが入ってきました。

ネット上では「なぜ飛び降りた?」と、いろいろな憶測な声が多く挙がっています。

亡くなられた内閣官房男性職員37歳誰で転落の理由はなんだったんでしょうか?

スポンサーリンク

国立保健医療科学院の内閣官房男性職員が飛び降り

埼玉県和光市の施設で、中国・武漢からの帰国者を受け入れる業務に携わっていた内閣官房の男性職員が死亡し、警察は自殺とみて調べています。

 1日午前10時すぎ、埼玉県和光市にあり、中国・武漢からの帰国者が宿泊している国立保健医療科学院で、宿泊者から「ドサッという音がして、外を見たら人が倒れている」と119番通報がありました。

 警察が駆けつけたところ、警視庁から内閣官房に出向している37歳の男性職員が敷地内で倒れていて、搬送先の病院で死亡が確認されました。警察によりますと、男性職員は先月31日から泊まり込みで武漢から帰国した人たちの受け入れ業務に携わっていたということで、特に変わった様子はなかったということです。

 警察は、男性職員が飛び降り自殺をしたとみて、動機や当時の状況などを詳しく調べています。

1日午前10時過ぎに国立保健医療科学院の内閣官房の男性職員が飛び降りたとというニュースが入ってきました。

国立保健医療科学院の敷地内で倒れていたという事で、飛び降りの可能性が高いということでした。

遺書は見つかっておらず、発作的に飛び降りた?可能性も考えられます。

世界中がコロナウイルスで大変中、職員がこのような別の形で亡くなるのはとてもショッキングで悲しいですね。

スポンサーリンク

国立保健医療科学院って何?

そもそも国立保健医療科学院ってなんでしょうか?なかなか聞きなれないですよね。

国立保健医療科学院というのは、厚生労働省の施設等機関だということです。

簡単にいうと、医療、保健、福祉に関係する職員などの教育訓練に関する調査と研究を行う機関として2003年に設立されました。

スポンサーリンク

国立保健医療科学院の内閣官房男性職員37歳誰で転落死理由は?

国立保健医療科学院の職員男性が亡くなくなったということで、一体誰なんでしょうか?

現時点では、名前や顔画像の公開はされていないようです。男性職員の37歳という情報しか現在は公開されていません。

しかし遺書がないという事で、一体なにがあったんでしょうか。

現時点で考えられる可能性がコチラです。

国立保健医療科学院の職員男性が亡くなった理由

■感染者による悲惨な現場

■帰国者からの過剰なクレーム

現在可能性が高いのは帰国者からのクレームが原因だといわれているようです。

帰国者からの相部屋、食事、タバコなどが吸えないことで文句のクレームがあったとか。

男性職員は泊りで業務にあたっていたそうですので、かなり現場が大変でつらかった可能性が高いです。

本当にお気の毒だと思いますし、がんばってくれて感謝を伝えたいような気持になりますね。

スポンサーリンク

まとめ

まさかの職員が亡くなられたということで、コロナウイルス以外にもこのような形で亡くなられたのはとてもショックです。

現在は、動機など調査しているようですが、先ほど挙げた理由が有力かなと考えました。

飛び降りだということで本人はかなり追い詰められたのだと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク