ニュース

春名風花の誹謗中傷(ネット中傷)の犯人誰?名前や顔画像は?相手を特定か

スポンサーリンク


春名風花さんは日本の女優やブロガーとして活動されていますが、ツイッターで誹謗中傷を受けているとして、書きこみ者を開示請求をし特定したと報道されました。

春名風花さんに対してそんなひどい誹謗中傷した犯人は一体だれなのでしょうか?

スポンサーリンク

春名風花が誹謗中傷を受け犯人を特定か

ツイッターに虚偽の内容を投稿され名誉を傷つけられたとして、女優の春名風花さん(18)と春名さんの母親が1月14日、書き込みをした人物を相手取り、慰謝料など265万4000円の支払いを求めて横浜地裁に提訴した。

春名さん側は「彼女の両親自体が失敗作」などと書かれたツイートに対し、プロバイダに発信者情報を求めていた。東京地裁(大嶋洋志裁判官)は2019年11月1日、こうしたツイートを「社会通念上許される限度を超える侮辱表現で、名誉感情を害されたことは明らか」と認定し、氏名や住所などの開示をプロバイダに命じた。

春名さんは弁護士ドットコムニュースの以前の取材に、他の誹謗中傷についても、「今回の裁判がうまくいってお金を支払ってもらえたら検討している。だいぶ先になるかもしれないけど、いつかは絶対やる」と話している。

春名風花さんが、ツイッター上で誹謗中傷を受けたとして、書き込んだ犯人に開示請求をしたそうです。

近年ネットが発達してきて、芸能人に対する誹謗中傷がかなり多くなりました。

過去の逮捕者には「まさか捕まるとは思わなかった」と軽い気持ちで書き込んでる人が多いとのことですが、書かれた側はとてもつらい気持ちになりますし、お金に余裕があれば訴えられる可能性も多くあります。

そして、誹謗中傷を書き込んだ人物を特定し、母親が1月14日に相手に対して慰謝料265万4000円の支払いを求めました。

スポンサーリンク

春名風花の誹謗中傷(ネット中傷)の犯人誰?

春名風花さんが、誹謗中傷を受けたとして人物を特定しましたが、相手が一体どんな人で男性なのか、女性なのかは公表していなく、ネット上でも特定されていないようです。

しかしですが、過去の逮捕者を見てみるとあくまでも過去のデータですが、女性の逮捕者が意外にも多いのです。

その理由が時間のある主婦だということです。

家事など家のことを終わらせて、比較的にSNSをやる時間がある主婦の方は多く、その時間帯に書き込んだりするんだそうです。

子供を持ついい年齢の大人がこんなことしては呆れますし、絶対にダメですよね・・・。

書き込んで削除をしても、ネットではすさまじい勢いで拡散されていくので、流出した画像などは一生消えないとも言われています。

春名風花に対して誹謗中傷した犯人の名前や顔画像は?

誹謗中傷を書き込んだ犯人の名前や顔画像も現在では分かっていません。

一体どんな人物なのか、まさか書き込んだ人も本当に開示請求がくるとは思いもしない人が多いと思います。

しかしそれほど書かれた人にとっては人生が変わるかもしれないという恐怖なことです。

絶対に安易にこんなことをしてはいけませんよね。

スポンサーリンク

情報開示請求はどれくらいかかる?

情報開示請求といってもどれくらいかかるのでしょうか?

発信者の情報開示によって、発信者を特定するのはそれなりに時間がかかるそうです。

一般的には3~6か月ほどかかるとのこと。

情報開示請求はできるだけ早く行い、犯人側が書き込んだログ削除の可能性もありますので、少しでも早くやるべきだそうです。

相手のIPアドレス(住所)が判明したら、IPアドレスからプロバイダに問い合わせし、名前と住所を特定し開始訴訟を行います。

おそくても一年ほどかかることも多いでそうです。

訴えられたら、数百万レベルの請求ですから、人によってはかなりの大金ですし、こんなくだらないことで人生の棒を振り回すことはしたくないですね。

ちゃんと誹謗中傷を書き込んだ人は、反省してほしいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク