スポンサーリンク

テレビ

接客で面接に合格するためのコツは?経験者が語る

今の日本は接客業ではかなりの人手不足だとされています。

そんな中接客業をしてみたい人もいると思いますので、面接に受かるコツを教えたいと思います。

接客で面接に合格するためのコツは?経験者が語る

接客業での面接で合格するにはどうしたらいいと思いますか?

やはり接客業だということでお客様が相手ですからクレームにもつながらないように気を付けなくてはいけません。

ですので、面接に合格するコツを教えたいと思います。

服装

まずは服装です。

アルバイトであれば別にスーツじゃなくてもいいと思いますが、派手過ぎず普通の服装がこのましいです。

派手すぎると、第一印象も悪いですし、やはり普通が無難ですね。

靴もスニーカーなど、女性の方はけしてヒールなどではいかないようにしましょう!

人の性格は服装に出ると言われていますから、服装から判断されてしまう恐れがあります。

目線

次に目線ですが、どういうことかといいますと面接官とずっと目線を外さないで面接を受けるということです。

目線を外さないことでより好感度あがりますし、目線をそらして話すと、接客業に向いてないと思われたりします。

接客業ですからお客様と話せてなんぼの世界だと思っています。

最初は苦手な人も意外と多く、経験していくうちに慣れていきますが、最初は慣れない人も多いのでまずは家族や友人に頼んで練習をしてみるのもいいかもしれませんね!

普段外食にいくと目線を外してしゃべる店員さんって見たことありますか?

僕の経験ではいなかったので、やっぱり目線は重要なんですよね。

声や挨拶

声をはっきりしてしゃべることで、やる気があると思われます。

逆にぼそぼそとしゃべってる人は、印象が悪く仕事ができないとも思われたりします。

接客業は笑顔も大事ですが、声もとても重要です。

はっきりしゃべることでお客様とコミュニケーションも取れやすいですし、お客様からも高評価につながります。

声の出し方については最初にお店で発声練習をさせられるところも多いですので、がんばりましょう!

先ほども書いたように、家族や友人を練習台にしてやってみるのもいいですね。

まとめ

今回の記事では接客業で面接受かるコツをまとめてみました。

最初は誰でも苦手ですし、得意な人なんてそうそうないと思います。

憧れの店長やリーダーさんでも最初は緊張した人も多いです。

長年の経験で接客ができてますので、努力して経験を積んでみてください。

気づいたころには、積極的に接客ができる人になっているかもしれませんね。

スポンサーリンク